2006年02月26日

使ったお金の記録の仕方 (上京したて編 1996年)

大学進学で上京する時に、母親が手のひらサイズのメモ帳を2冊くれました。

これに毎日いくら使ったかをきちんと書いときなさい、と。


東京での新生活がスタートして、最初の頃こそ「きちんと使ったお金をノートに書いてやりくりしよう」なんて思って

1996年3/1 洗剤 150円
         牛丼 290円
         銭湯 360円(風呂なかったから〜)

みたいな感じで支出をそのまま書くだけで家計簿というよりおこづかい帳。

しかもいま見てみると1ヶ月も続いてないし・・・。


この記帳方法だと、何にお金を使ったのかはわかるけど、食費とか交際費とか項目別に別れていないから生活費のどの部分に無駄が多いのかを把握できない。

だから覚え書き程度の記録になってしまって、記録したデータを次月に活かせないのでノートにつけている意味があまりないんですよね。それが続かなかった原因でしょうか。


↓だんだんランクが下がってきました。新記事投入!クリックよろしくお願いしますあせあせ(飛び散る汗)
猫人気blogランキング
犬借金ブログランキング


↓よかったらこちらも読んでみてください↓

ついでの話
posted by 家電 at 21:41| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 家計簿について | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。